登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

29/11/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督が戦術変更の理由を説明

ルイ・ファン・ハール監督じゃ、1-1のドローに終わったアウェイでのレスター戦後MUTVのインタビューに応じ、戦術を変えた理由を説明した。

今節ではアシュリー・ヤングとマッテオ・ダルミアンをウィングバックに置き、最終ラインはパディ・マクネアー、クリス・スモーリング、デイリー・ブリントのスリーバックを採用した。

監督は、フィル・ジョーンズとマルコス・ロホの負傷離脱により守備プランを変更せざるを得なかったと話したものの、同システムであれば、ジェイミー・ヴァーディと岡崎慎司の脅威を無効化できると考えたという。

「DFに負傷者が多いので、そうせざるを得なかった部分はある。だが、戦術を変えた理由には、レスターのプレースタイルもあった」。

「ヴァーディと岡崎に繋がる道を断つ必要があった。それが理由の1つでもあったんだ。それに、中盤に1人増やしたことで使えるスペースも増え、試合を圧倒できた。ただ、もっとチャンスを作れなければい

ページ 1 / 2 次へ »