登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/11/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

イングランド対フランスは決行

パリでの大規模テロの影響が懸念されたものの、イングランド・フットボール協会(FA)とフランス・フットボール連盟(FFF)は、17日(火)に予定されていたイングランド対フランスの親善試合を開催することを発表した。

マンチェスター・ユナイテッド所属のモルガン・シュネデルランとアントニー・マルシャルは、テロが発生した時刻に行なわれたドイツとの親善試合に出場(試合はフランスが2-0で勝利)。フランス代表のディディエ・デシャン監督は、イングランド戦出場を辞退したい選手に申し出るよう伝えたものの、23選手全員が監督の提案を拒否し、出場する意思を示したという。

今回の試合会場となるウェンブリー・スタジアムでは、スタジアム前アーチをフランス国旗の赤、白、青に点灯させ、スタジアム外のスクリーンには、フランスのモットーである'Liberté, Egalité, Fraternite'(自由、平等、博愛)という文字を写し出すという。また、試合前に演奏されるフランス国歌斉唱に参加を希望するイングランドファンのため、同国歌の歌詞も表示される予定だ。

ページ 1 / 2 次へ »