登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/05/2015  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「市場は常に調査している」

ルイ・ファン・ハール監督は、ユナイテッドが移籍市場の動向を定期的に調査していると、メディアの前で明らかにしている。

すでにPSVのメンフィス・デパイがユナイテッドへの移籍に合意している中、ファン・ハール監督は、今オフに新選手を獲得する意向があると明言。また、残留を期待しているダビド・デ・ヘアの去就、そしてユナイテッドが移籍市場で不測の事態にも対応可能な理由についても、定例会見で語った。

「移籍はプロセスが重要で、欲しい選手がいるからといって、獲得できるわけではない。大事なのは3つのパートで、選手、クラブ、そしてわれわれだ。これは簡単なプロセスではない。チームの選手数が問題ではなく、バランスが重要だ。すべてのポジションに、力量が同等の選手が2人いれば、私は満足できる」

獲得を狙う新戦力について聞かれると、「先ほども話した大事な3つのパートの中で、最重要なのは選手だ。繰り返し言うつもりはないし、繰り返したくはない。クラブには、全ポジションの選手を調査している、非常に有能なスカウト担当者がいる」とコメント。

デ・ヘアの去就については、「その質問への答えは、マンチェスター・ユナイテッドも、私も確固たることを言える立場にいない。われわれは、彼にサインして欲しい。あとは彼がマンチェスター・ユナイテッドに残りたいと思うかどうかで、その上でサインしないといけないことだ。(まだ契約延長していない理由は)わからない。彼が私に話してくれたことは言えない。ただ、われわれは彼に残ってもらいたいし、きっとサインしてくれるだろう、としか言えない」

ページ 1 / 2 次へ »