登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/05/2015  Report by Ben Reese
ページ 1 / 2 次へ » 

監督は決定機のミスを悔やむ

ルイ・ファン・ハール監督は、1-1のドローに終わったアーセナル戦後、決定機には落ち着いて、点を決める必要があると語り、改めて決定力不足を指摘した。

追加点をあげるため、冷徹になりきれなかった点を嘆いた監督は、アンデル・エレーラの先制点後、勝ち点3をあげられると期待していたという。試合後Sky Sportsのインタビューに応じた監督は、次のように試合を振り返っている。

「負傷者は多かったが、60分間は相手を圧倒できていたので残念だ。今日のような展開なら、勝負を決めないといけない」

「3試合続けてディフレクトしての失点だったので、不運だったと言うことはできる。だが、それでも選手たちには、アンラッキーではないと伝えた。運は自分たちの力で手繰り寄せるものだと。60分まではチームのほうが良いプレーをしていて、1-0でリードしていた。アーセナルが試合を振り出しに戻そうと攻めてきた時、今日のようにオープンではなく、もっとコンパクトに、チーム一丸となって守る必要があった」

今節の結果により、アーセナルは残り2試合で勝ち点1以上を取れば、3位を確定させる。すなわち、4位を確定させているユナイテッドは、チャンピオンズリーグ本大会出場をかけ、プレーオフを戦わなければならない。

「これで予選ラウンドを戦わないといけない。まだチャンピオンズリーグ出場権は勝ち取れていない。とてもストレスが溜まる事態になりかねない。対戦相手はシーズンを開幕しているチームになるので、決して楽観視はできない。ただ、シ

ページ 1 / 2 次へ »