登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/03/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はポゼッションを重視

ルイ・ファン・ハール監督は、今後さらにチームに前に進むためにも、よりボール支配率を高めるべきと主張。仮に、GKダビド・デ・ヘアにパスを戻すことがあったとしても、だという。

サンダーランド戦では、ジョニー・エヴァンスがCKからのボールをデ・ヘアにまで戻し、オールド・トラッフォードのファンがネガティブな反応を示す場面があった。監督はファンの感情は理解できるとしつつ、GKを使うケースもあると語った。

「GKにボールを渡し過ぎないほうが良いというファンの意見には同意できる。しかし、GKは11人目の選手だ。彼がプレーを加速化させることもある。時にはデ・ヘアを経由するほうが良い解決になることだってある。近くの選手にパスを出すよりも、プレーのテンポを上げられる場合もある」

デ・ヘアの仕事が相手に得点を許さないことなのは言うまでもない。だが監督は、ボールの保持でGKを助けられるとも考えている。

ページ 1 / 2 次へ »