登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

13/03/2015  Report by Adam Marshall

ロホの出場は経過次第

ルイ・ファン・ハール監督は、ロビン・ファン・ペルシーがトッテナム戦を欠場すると明言し、マルコス・ロホの出場に関しては、「軽傷の経過次第」と語った。

MUTVのインタビューに答えた監督は、ロホの状態を試合前に確認してからメンバーに加えるかどうかを決めるとコメント。ロホはアーセナルとのFAカップ準々決勝にCBとして先発出場した。ルーク・ショーが復帰したためSBではない起用だったが、後半ショーがフィル・ジョーンズと交代後は左SBにポジションを変え、残り17分にピッチを去った。

ショーはオールド・トラッフォードでの試合に出場可能。アンヘル・ディ・マリア、ジョニー・エヴァンスは出場停止となるが、監督は何の不安も抱えていないようだ。

「負傷者はファン・ペルシーだけだ。それは良い兆候。負けた後に選手たちが練習を求め、精力的に身体を動かしている姿を見られるのは良いことだ」

「ロホは軽傷。まずは選手の健康状態を気にかけないといけない。ひょっとすると彼をメンバーに加えないかもしれないが、それは試合当日に決めないといけない」

【関連記事】
残り10試合は激戦必至