登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17 March 2015  Report by Mark Froggatt, Steve Bartram
ページ 1 / 2 次へ » 

シェリンガムがウィルソンを称賛

ユナイテッドの3冠獲得に貢献したOB、テディ・シェリンガムがジェームズ・ウィルソンを称賛し、シーズン20ゴールを決める能力をすべて兼ね備えているとした。

ウィルソンは2013-14シーズン終盤にファーストチームデビューを果たし、以降ルイ・ファン・ハール監督にも起用され続けている。

先週末のトッテナム戦ではベンチだったウィルソンは、月曜日のU-21に出場し、先制ゴールを決めてエヴァートン戦2-1の勝利に貢献した。その様子は上の映像をクリックすれば確認できる。

現在ウェストハムでコーチを務めているシェリンガムはプレミアリーグのFW陣をチェックしているが、今回ウィルソンに興味を持っている理由を説明した。

「私はウィルソンを気に入っている。現在ラダメル・ファルカオとロビン・ファン・ペルシーの控えになってしまう状況はかわいそうだ。ファン・ハール監督は先日ユナイテッドには年間20ゴールを決められる選手がいないと発言していたが、ウィルソンとウェイン・ルーニーが組めば、2人とも20ゴールを決めてくれるだろう」

「ダイレクトなプレーが特徴で、得点能力が高く、スピードもある上に左利きだ。左利きの選手は相手DFにとっては厄介な存在なので、左利きの選手が入るとチームの分に機が良くなる。彼のプレーへの取り組み方も気に入っているし、良い選手だ。将来有望な選手なので周囲から注目され続けるだろう」

ページ 1 / 2 次へ »