登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「FAカップは重要だ。若かった頃はFAカップに憧れていたし、1995年にエヴァートンが優勝した時のことを良く覚えているよ。僕は9歳だった。あの興奮を自分の手で味わいたいと思うし、今年そうなればと思っているよ」

−ウェイン・ルーニー

06 March 2015  Report by Mark Froggatt

ルーニー、FAカップへの思い

ウェイン・ルーニーはユナイテッドの11シーズンで9個のトロフィーと数多の個人賞を獲得しているが、FAカップだけが獲得できておらず、本人もその点については苛立ちを感じているようだ。

驚くことにルイ・ファン・ハール監督率いるユナイテッドでFAカップの栄光を手にしたことがある選手は2人しかいない。2005年にユナイテッドを下して優勝したアーセナルに在籍していたロビン・ファン・ペルシーと、2012年にリヴァプールを下して優勝したチェルシーに在籍していたフアン・マタ(マン・オブ・ザ・マッチを受賞)だけだ。

1月にWBAに移籍したダレン・フレッチャーだけが2004年の優勝を知っている選手だった。2004年の決勝は、クリスティアーノ・ロナウドのゴールとルート・ファン・ニステルローイの2ゴールでミルウォールに3-0で勝利して優勝した。

ルーニーがユナイテッドに移籍したのはその年の夏で、それ以降ユナイテッドはFAカップ優勝から遠ざかっている。2005年はアーセナルに決勝でPK戦の末に敗れ、2007年はチェルシーと決勝で戦ったが、延長戦でディディエ・ドログバにゴールを決められて涙を飲んでいた。

そのため、ルーニーはFAカップ優勝を渇望しており、今シーズンの優勝を信じている。しかし、そのためには様々な試練を乗り越えなければならないことも理解している。

「まずは月曜日にアーセナルとFAカップ準々決勝を戦う。これは本当に大事な試合だよ。ここ数年決勝に進めていないから、勝利を目指したい。試合が楽しみだ」

「FAカップは重要だ。若かった頃はFAカップに憧れていたし、1995年にエヴァートンが優勝した時のことを良く覚えているよ。僕は9歳だった。あの興奮を自分の手で味わいたいと思うし、今年そうなればと思っているよ」

【関連記事】
監督「決勝と同等の試合」