登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ニューカッスル 0

ユナイテッド 1
ヤング(89分)

2015年3月4日
セント・ジェームズパーク
観衆:4万9,801人

05/03/2015  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ニューカッスル0-1ユナイテッド

セント・ジェームズパークでのニューカッスル戦は、アシュリー・ヤングが89分に均衡を破る大きなゴールを決め、ユナイテッドが勝利。トップ4を死守する大きな勝ち点3を獲得した。

前半から決定機を作ったユナイテッドだったが、ルイ・ファン・ハール監督が率いたオランダ代表GKティム・クルルに阻まれ、なかなかゴールネットを揺らせない展開が続いた。ユナイテッドもニューカッスルに決定的なシーンを作らせたが、ダビド・デ・ヘアのセーブでピンチを凌ぎきり、敵地での勝利を手繰り寄せた。ユナイテッドを含む上位4チームいずれも勝ち点3をあげたため、上位陣の順位に変動はない。

4日前のサンダーランド戦ではベンチスタートだったマルアーヌ・フェライーニを先発に起用し、今節はラダメル・ファルカオが交代要員に。前節で苦しんだアンヘル・ディ・マリアは今節でも先発出場。そのディ・マリアが開始からわずか40秒に決定機を作る。カウンターからウェイン・ルーニー、ディ・マリアへとパスが繋がり、ペナルティエリア内にボールを運んだが、ニューカッスルも素早く守備陣形を戻して対応。

10分、クリス・スモーリングがエマニュエル・リヴィエールをボックス内で倒してしまったが、笛は吹かれず。映像で確認すると、DFはボールではなくリヴィエールに寄っていたため、肝を冷やした。

開始から攻め上がったユナイテッドは、フェライーニ、アンデル・エレーラ、ルーニーを起点にチャンスを作り、15分にはマルコス・ロホを経由してエレーラがシュートを放ったが、枠を外してしまう。

その11分後、ディ・マリアとヤングの連携からゴール前のルーニーにパスが渡るも、浮かせたシュートはクルルがセーブ。ニューカッスルDFファブリシオ・コロッチーニがバランスを崩したところを見逃さなかったディ・マリアが即ボールを奪ってルーニーにパスを出すも、キャプテンはコントロールに失敗。ここでもゴールは生まれない。

ページ 1 / 2 次へ »