登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

リヴァプール 1
スタリッジ(69分)

ユナイテッド 2
マタ(14、59分)

2015年3月22日
アンフィールド
観衆:4万4405人

27/03/2015  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

リヴァプール 1-2 ユナイテッド

フアン・マタの2ゴールにより、ユナイテッドがアンフィールドでのリヴァプール戦に勝利し、大きな勝ち点3を獲得した。

前半に先制点を決めたマタは、後半アクロバティックなボレーシュートでゴールネットを揺らし、この日2ゴールをマーク。リヴァプールも後半から途中出場したスティーヴン・ジェラードが僅か42秒で一発退場となるも、ダニエル・スタリッジのゴールで1点を返し、伝統の一戦に相応しい緊張感のある攻防に発展したが、ユナイテッドが1点を守りきった。

両チーム共に前節からメンバーを変えず、ユナイテッドのベンチには1試合の出場停止処分が明けたアンヘル・ディ・マリアが復帰。

アンフィールドでの直近10試合では3勝6敗1分と分が悪かったが、ルイ・ファン・ハール監督は自信を持って敵地に乗り込んだ。試合前には、「アンフィールドは決して簡単なグラウンドではないが、私が監督になった以上、相性の悪さを変えられるかもしれない」とコメント。リヴァプールはホームで14戦無敗をキープし、昨年12月にオールド・トラッフォードでユナイテッドに3-0で敗れて以降、リーグ戦でも無敗を続けていた。

試合開始から速いペースでボールを回してプレッシャーをかけてくるリヴァプールに対し、ユナイテッドはポゼッションをキープしコントロール。中盤はマイケル・キャリック、アンデル・エレーラ、マタを軸に組み立て、30分までピッチ上を掌握した。

先制点が決まったのは14分、マルアーヌ・フェライーニのパスを受けたエレーラは、後方から走り込んでいたマタを見逃さずスルーパス。マタは落ち着いてGKシモン・ミニョレから遠いファーに蹴り込み、ユナイテッドが先制。その後もユナイテッドはマタ、エレーラ、フェライーニを起点にチャンスを作り続け、2点目を狙いにいく。しかしホームのリヴァプールも35分を過ぎたあたりからギアを上げ、怒涛の反撃を開始。ジョーダン・ヘンダーソンのクロスにファーサイドのスタリッジがボレーシュートを打つもバーの上。なおも攻撃の手を休めないリヴァプールは、スタリッジのパスからゴール前フリーの状態でアダム・ララーナにシュートを許したが、シュートは枠をとらえられず、難を逃れる。

ページ 1 / 2 次へ »