登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/06/2015  Report by Mark Froggatt

アルゼンチンが準決勝に進出

マルコス・ロホとアンヘル・ディ・マリアを擁するアルゼンチンが、コパ・アメリカ準々決勝でコロンビアをPK戦の末に下し、準決勝進出を決めた。

0-0のまま終了のホイッスルを聞いた同試合は、PK戦に突入。元ユナイテッドのカルロス・テベスが決勝弾を決め、5-4で接戦に勝利。テベスは、ユヴェントスから古巣ボカ・ジュニオルスへの復帰が発表されたばかりだった。

アルゼンチンは、試合序盤から終了までコロンビアを圧倒。リオネル・メッシ、ディ・マリア、セルヒオ・アグエロらを軸に怒涛の攻撃を見せたが、アーセナルGKのダビド・オスピナのファインセーブの前にゴールネットを揺らせなかった。

両チームともにヒートアップする雰囲気の中で試合は進み、後半にはチェルシー所属のフアン・クアドラードがロホにラフなタックルを仕掛けた際、2枚目のイエローが出されるかと思われたが、アルゼンチンのヘラルド・マルティーノ監督に退席処分が下される。

ディ・マリアは87分に交代も、スコアレスのままPK戦に突入する。ロホはフル出場し、PK戦では4人目のキッカーを務めたが失敗。しかし、コロンビアも続けてミスし、テベスの決勝ゴールで激闘に終止符が打たれた。

【関連記事】
ヤヌザイ「ツアーが楽しみ」