登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「ユナイテッドに残って試合に出場したい。チームと合流してから監督の話を聞きたい。僕はユナイテッドでプレーしたいと思ってきたし、それは今でも変わらない」

−ジェシー・リンガード

23 June 2015  Report by Mark Froggatt

リンガード「好印象を与えたい」

昨シーズン膝の怪我に泣かされたジェシー・リンガードは、今シーズンはルイ・ファン・ハール監督に好印象を残したいとコメントした。

マンチェスター出身のリンガードにはスタイルと力強さが備わっており、流れるようなスピーディーなプレイでファンを喜ばせている彼はアカデミー出身を代表する選手のひとりであり、ここ数シーズンに渡りファーストチーム入りをアピールしてきた。

昨シーズンを含む数度のプレシーズンで好印象を残してきたリンガードは、2014-15シーズンでようやくファーストチームデビューを飾ったが、開幕戦のスウォンジー戦で膝を怪我すると、そのまま2月までファーストチームから離れることになった。

結局ダービーへのローン移籍で昨シーズンを終えたリンガードは、ダービーでは15試合出場2ゴールの結果を残し、チャンピオンシップ8位フィニッシュに貢献した。また現在はイングランドU-21代表としてユーロU-21に出場中で、スウェーデン戦では決勝点を決めて1-0の勝利に貢献した。

「ユナイテッドに残って、試合に出場したい。チームと合流してから、監督の話を聞きたい。僕はユナイテッドでプレーしたいと思ってきたし、それは今でも変わらない。昨シーズンはいきなり怪我をしてしまったけれど、あの怪我がなかったら今の僕はなかった」

「スウェーデン戦のゴールは助けになる。僕の評価が高まるし、ユナイテッドはもちろん、他のクラブからも注目されるから、僕にとっては良いこと。昨シーズンはファン・ハール監督と連絡を取り合っていたし、U-21のウォーレン・ジョイス監督とも連絡を取っていた。ジョイス監督からはアドバイスと自信をもらったよ」

【関連記事】
マクレアーが新天地へ