登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

23/06/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

マクレアーが新天地へ

アカデミーのスタッフを長年務めたブライアン・マクレアーがスコットランド代表スタッフ入りすることになった。

ユナイテッドのレジェンドのひとりとして知られるブライアン・マクレアーは、スコットランド代表のパフォーマンス・ディレクターのポストのオファーを受けるのに随分悩んだことを明らかにした。マクレアーは引退後、約10年間アカデミーのスタッフとして働いていた。

「スコットランド代表から話をもらった。自分から話を持っていった訳ではない。どうしたら良いのか随分と悩んだ。最終的に夜中2時に目を覚まし、色々と考えを巡らせた結果、オファーを受けることにした。去るというよりは、新天地に向かうという感覚だ。ユナイテッドの若手選手、そしてスタッフに会えなくなるのは残念だ。彼らに話をするのが一番辛かった。今までで一番辛いことだったと思う。短いが素晴らしい時間だったし、悲しんでくれる人もいるだろうが、良い思い出を大切にしたい。楽しい思い出が沢山ある」

また、マクレアーは1987年夏に彼をセルティックからユナイテッドへ移籍させたアレックス・ファーガソン元監督にアドバイスを求めたことも明らかにした。

「彼の意見は常に大切にしてきた。彼の意見に反対する時もあったし、彼は厳しい人だった。しかし、常に私の成長を助けようとしてくれていた。現役時代はもちろん、スタッフ時代もそうだった。私が彼や数人の仲間にした質問はひとつだけで、それは『新天地で何か違いを生み出せるだろうか?』というものだった。全員の答えが『イエス』だった」

ページ 1 / 2 次へ »