登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/07/2015  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

コパ・アメリカはチリが優勝

アルゼンチン代表としてチリ代表とのコパ・アメリカ決勝に臨んだアンヘル・ディ・マリアだったが、大舞台で負傷交代を余儀なくされた。マルコス・ロホはフル出場を果たしたが、試合はPK戦の末チリが初優勝を飾った。

パラグアイとの準決勝を6-1で快勝したアルゼンチンは、ディ・マリアとロホを先発に起用。しかし、開催国チリはホームのファンの声援に後押しされ、アルゼンチンはリズムを掴めなかった。試合は延長戦におよび、結局スコアレスのままPK戦に突入。元ユナイテッドのアレクシス・サンチェスが優勝を決めるPKを蹴り込み、チリが4-1で南米王者となった。

序盤からアルゼンチンは苦戦を強いられた。ディ・マリアがハムストリングを痛めて前半途中に交代を余儀なくされると、ロホもマウリシオ・イスラへのファウルでイエローカードをもらうなど、後手に回ってしまう。

負傷交代のディ・マリアに代わり出場したエセキエル・ラベッシが、前半追加タイムにチャンスを作る。ラベッシからのパスを左サイドで受けたハビエル・パストーレが相手マークを引き付け、マイナス方向へパス。フリーの状態だったラベッシがシュートで反応するも、チリGKクラウディオ・ブラーボがセーブ。ブラーボは、前半にリオネル・メッシのFKからセルヒオ・アグエロがヘディングシュートを放った際もゴール前を死守し、ファンから喝采を受けた。

後半に入っても互いに一歩も引かない攻防に発展した試合は、後半追加タイムにアルゼンチンが決定的なチャンスを得る。メッシがカウンターからボールを1人で前線に運び、左サイドのラベッシにパス。ラベッシからファーサイドに出された低いクロスに交代出場のゴンサロ・イグアインが合わせたものの、サイドネットを揺らしてしまう。

ページ 1 / 2 次へ »