登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ユナイテッド 0

サウサンプトン 1
タディッチ(69分)

2015年1月11日
オールド・トラッフォード
観衆:7万5,395人

13/01/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド 0-1 サウサンプトン

ユナイテッドは12試合ぶりにバークレイズ・プレミアリーグ戦で敗れ、リーグ3位から4位に落とした。2015年ホーム初戦となったサウサンプトン戦では、ドゥシャン・タディッチにゴールを奪われ、1-0で敗戦を喫することとなった。

試合の大半を通じてコントロールしていたのはユナイテッドの方だったが、統制の取れたセインツにオールド・トラッフォードの牙城を崩された。ルイ・ファン・ハール監督は、FAカップ3回戦のヨーヴィル戦から7選手を変え、アンヘル・ディ・マリア、ダレイ・ブリントを先発に起用。ヨーヴィル戦で足首を痛めたルーク・ショーも先発出場させた。新加入ビクトル・バルデスがベンチメンバーに登録されたものの、ラダメル・ファルカオはメンバーから外れた。

試合序盤から攻め立てるサウサンプトンは、ナサニエル・クラインのシュートで幕開け。ユナイテッドも徐々に前線にプレッシャーをかけていき、ディ・マリアが力強いシュートを放ったが、ワイドに外れてしまう。

サウサンプトンはDFトビ-・アルデルヴァイエルトが負傷し、18分に選手交代を余儀なくされるが即対応。イーブンな展開となった中、ユナイテッドがボールをコントロールする時間が増えつつ、決定的なチャンスを作れない。その隙をサウサンプトンも見逃すはずがなく、カウンターから好機を作り、フィル・ジョーンズ、クリス・スモーリング、ブリントによる最終ラインに襲いかかった。

ユナイテッドはディ・マリアとロビン・ファン・ペルシーのコンビで崩そうと試みるも、ゴールが遠い展開が続く。40分にはファン・ペルシーがインターセプトしたボールをディ・マリアが右サイドで受け、自らシュートではなく中央に切れ込んだフアン・マタへのパスを選択。しかし、マタはシュートまで持っていけない。

後半も試合をコントロールしたのはユナイテッドだったが、セインツのパスは速く、精確で、チャンスを作っていく。そして69分、細かいパスからゴール前に侵入したサウサンプトンは、グラツィアーノ・ペッレのシュートがポストに弾かれたが、セカンドボールを拾ったタディッチが蹴り込み、遂に均衡が破られる。

ページ 1 / 2 次へ »