登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/01/2015  Report by Adam Bostock
ページ 1 / 2 次へ » 

フェライーニ「勝たないと」

マルアーヌ・フェライーニは、サウサンプトン戦で後手に回ったことをあげ、QPR戦では開始から猛攻を仕掛けると意気込みを語った。

体調不良と肋骨を痛めたため、クリスマス時期からニューイヤーにかけて5試合を欠場したフェライーニだったが、前節から復帰を果たし、セインツ戦後半からピッチに登場。ルイ・ファン・ハール監督にとっても攻撃オプションが増えたものの、前節は思うような結果を残せなかった。フェライーニはMUTVのインタビューに応じ、ロフタス・ロードでのQPR戦に向け、次の様に話した。

「(サウサンプトン戦では)残り15分からチャンスを作れるようになって、ゴールに向かって圧力をかけた。QPR戦では最初からプレッシャーをかけて、決定機を作りたい。(サウサンプトン戦で)監督には、クロスが上がったらボックスに入って、競り勝つよう指示された。結果的にゴールを奪えず、残念だったよ」

「復帰できて嬉しい。体調は良いね。肋骨を痛めて、それから体調も崩した。けれど、今は状態も大分良いし、毎日トレーニングもできている。3週間何もしない状態が続いての復帰は難しいから、練習で自分を追い込まないといけない」

「今週はチーム全員が追い込んだ練習ができているし、QPRの戦い方も分析できている。彼らはダイレクトなプレーを好むから、注意しないといけない。でも、僕らにもチャンスは作れる。実行しないといけない」

ページ 1 / 2 次へ »