登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/02/2015  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はファルカオの得点に満足

3-1で勝利したレスター戦でゴールを決めたラダメル・ファルカオのパフォーマンスに、ルイ・ファン・ハール監督も納得したようだ。

モナコから今季終了までの期限付きで移籍してきたファルカオは、今季4ゴール目をマーク。試合後、MUTVのインタビューを受けた監督は、ロビン・ファン・ペルシーが昨年12月26日のニューカッスル戦以来となるゴールを決めた点について聞かれると、ファルカオが今年に入って初ゴールを記録したほうが喜ばしいことと答えた。

「ファルカオがゴールを決めたことのほうが嬉しい。ロビンは十分なだけの得点を決めている。ロビンよりもファルカオにゴールが必要だった。ただ、2人がゴールを決めたのは喜ばしいことだ。美しいゴールだった。ファルカオの得点シーンは、ロビンが起点となった速攻から生まれたもの。とても満足している」

ファン・ペルシーはウェイン・ルーニーの8ゴールを抜いてチーム最多の9ゴール、フアン・マタは5ゴール、そしてファルカオとアンヘル・ディ・マリアが4ゴールで続いている。

また監督は、ウェストハムと移籍交渉中と認めていたダレン・フレッチャーの去就についても言及し、移籍交渉が頓挫したと明かした。
「ダレンは移籍するものと思っていた。だが、ウェストハムはローン移籍を希望したようで、合意に至らなかった。ウェストハムの反応を聞いたばかりだ。合意はない。私が懸念するのは、出場機会を求めるフレッチャーの手助けになりたいということ。彼がチームに残ってくれるのは嬉しい。第3のキャプテンなのでね。ただ、出場機会があまりないので、

ページ 1 / 2 次へ »