登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「3位や4位争いではなく、首位を目指したい。そのチャレンジに立ち向かえるような状態を作らないといけない」

― マイケル・キャリック

12 January 2015  Report by Mark Froggatt

キャリック「仕切り直す」

マイケル・キャリックは、1-0敗れたサウサンプトン戦後、「もう一度仕切り直す必要がある」と語った。

ドゥシャン・タディッチに決勝ゴールを許して黒星を喫したユナイテッドは、バークレイズ・プレミアリーグ3位の座をサウサンプトンに明け渡した。試合終了後MUTVのインタビューに応じたキャリックは、結果にフラストレーションを溜めていたが、気持ちを切り替えるように語ってくれた。

「非常に残念な結果。結果の通り、チームにとっては大きな負け。チャンスを多く作れなかったのと同時に、僕らが快適にプレーできていただけに残念」

「点を取る予兆は僕らのほうがあった。思いがけない形で失点してしまって、本当に残念だ。相手と僕らは似たような状況で、互いに首位との差を縮めたいと思っている。チームにとって大事な試合だっただけに、取りこぼしたことが残念でならない」

キャリックは、サウサンプトンが来季のチャンピオンズリーグ出場権をかけたライバルになると認めつつ、目標はあくまでも順位を上げることと話した。

「サウサンプトンにも(チャンピオンズリーグ出場の可能性は)ある。彼らの実力を認めないといけない。もう1度、良い流れに乗らないといけない。3位や4位争いではなく、首位を目指したい。そのチャレンジに立ち向かえるような状態を作らないといけない」

「仕切り直しになる。結果はともかく、もう1度、立て直す必要がある。僕らはミスから学ぶから、あまりにも大きな打撃ではない。残念な結果だったけれど、次の試合から立て直す」

【関連記事】
ルーニー「勝てた試合だった」