登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/02/2015  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ヤング「闘志が成功に導く」

アシュリー・ヤングは、決して折れないユナイテッドのチームスピリットを称え、今季のタイトル獲得、トップ4フィニッシュは可能と信じている。

現地16日に行われたプレストン・ノースエンド戦の後半47分から出場したヤングは、65分にアンデル・エレーラの同点ゴールをアシスト。ユナイテッドは、その後マルアーヌ・フェライーニ、ウェイン・ルーニーが得点をあげ、リリーホワイツ(プレストンの愛称)から逆転勝利を収め、オールド・トラッフォードで行われるアーセナルとのFAカップ準々決勝に駒を進めた。

「クラブには素晴らしい闘志、スピリット、精神が脈々と受け継がれている。チームに加わってから、僕はそれらを実際に目の当たりにしてきた。ドレッシングルームの選手たちはお互いに切磋琢磨し合っている。そういう姿勢はピッチにも表れるんだ。これがクラブの特徴だし、フットボールははチームスポーツだから。月曜の試合でもチームは実力で試合を振り出しに戻した上で勝利を掴んだ。(ルイ・ファン・ハール)監督には、ワイドな位置でボールを受けて、ボックス内にクロスを上げるよう指示された。出来るだけ早く同点に追いつきたかったからね。チーム全員が全力を尽くしたし、全員がファンタスティックだった。この間の試合で見せたようなチームスピリットこそ、勝利に導いてくれる」(ヤング)

そして3月上旬、FAカップ史上最多優勝記録を持つ2チームが、オールド・トラッフォードで激突する。試合日時が近づくに連れて選手たちも気持ちを高めていくと話すヤングだが、チームは直近19試合で1敗という好調を維持し、今後も大事な勝ち点を記録していくことにだけ集中していると続けた。

ページ 1 / 2 次へ »