登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/03/2015  Report by Ryan Grant
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「内容には満足している」

2-0で勝利したサンダーランド戦後、ルイ・ファン・ハール監督がMUTVのインタビューに応じ、試合内容、ウェイン・ルーニーのゴールなどについて語った。

勝利について:「悪い形で試合に入ってしまった。前節スウォンジーに敗れたので、神経質になっていたのかもしれない。その点は理解できる。前半の4分の1を終えたあたりからチャンスを作れるようになり、後半は前半よりも落ち着いてボールを回せて、テンポも良くなった。左右のウィングから逆サイドを上手く使えるようになった。今日のパフォーマンスには満足している。特に後半は良かった。2点を取れたわけだが、もっとゴールを奪えていた可能性もあった」

後半のプレーについて:「快適にプレーできたと思う。相手は1人退場者を出して10人になり、後半は相手に決定的なチャンスを与えなかったのだからね。試合をコントロールできたと思うし、これは勝利で試合を締めくくるための過程の1つだ。(マルアーヌ)フェライーニ、それに(アントニオ)バレンシアのシュートがゴールになっていた可能性もあったので、もっと点を取れていたかもしれない。トップ4争いは非常にタイトなので、得失点差が最終的に重要になるだろう」

ウェイン・ルーニーについて:「彼が私に言ったことだが、普段ならPKを蹴る時はゴールの上方を狙うと言っていた。だが、今日は相手GKが長身だったため、低い弾道のシュートに変えた。彼の考えに満足している」

アンヘル・ディ・マリアの順応について:「プレミアリーグに順応するため、彼にはもっと時間を与えないといけない。ハイテンポなプレーに慣れるのは簡単で

ページ 1 / 2 次へ »