登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

スウォンジー 2
キ(30分)、ゴミス(73分)

ユナイテッド 1
エレーラ(28分)

2015年2月21日
リバティ・スタジアム
観衆:2万809人

23/02/2015  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

スウォンジー 2-1 ユナイテッド

ユナイテッドは敵地でのスウォンジー戦で先制したものの、2-1で敗れた。

アンデル・エレーラのゴールで均衡を破ったのはユナイテッドだった。だが、それから2分も経たずしてキ・ソンヨンのゴールで同点に追いつかれると、後半ジョンジョ・シェルヴィーのシュートがバフェタンビ・ゴミスの頭にディフレクトしたボールがゴールネットを揺らし、ホームチームが勝ち点3を獲得した。

1-1の同点で迎えた後半、ユナイテッドは強いプレッシャーをかけ続けたが結果に繋がらず、リーグ4位に後退。現地22日には5位のサウサンプトンと7位のリヴァプールが対戦するだけに、ユナイテッドにとってはフラストレーションが溜まる結果となってしまった。

ルイ・ファン・ハール監督は、FAカップ5回戦のプレストン戦メンバーから3選手を代えて今節に臨んだ。ラダメル・ファルカオ、クリス・スモーリング、アントニオ・バレンシアに代え、プレストン戦を負傷欠場したロビン・ファン・ペルシー、この日23歳の誕生日を迎えたフィル・ジョーンズ、そしてパディ・マクネアーを先発に起用。

昨年12月2日以来とばるバークレイズ・プレミアリーグ戦で先発出場したエレーラは、守備でも存在感を発揮。CKからゴミスにフリーでヘディングシュートを打たせてしまったものの、エレーラがゴールライン上でクリアーし、ピンチを回避した。

スウォンジーは再びゴミスのヘディングからウェイン・ラウトリッジのシュートに繋げるが、ダビド・デ・ヘアがキャッチ。攻勢に転じたいユナイテッドは、ファン・ペルシーが左足で強烈なシュートを放ったが、バー直撃の不運に見舞われる。だが、均衡を破ったのはユナイテッドだった。左サイドを上がったルーク・ショーからウェイン・ルーニー、アンヘル・ディ・マリア、エレーラへとパスが繋がり、エレーラのシュートが決まって先制。しかし、それから2分後、シェルヴィーのクロスに合わせてゴール前に飛び出したキ・ソンヨンに蹴り込まれ、試合は振り出しに戻る。

ページ 1 / 2 次へ »