登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/12/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

監督がストーク戦を総括

マンチェスター・ユナイテッドがボクシングデイのストーク戦に2-0で敗れ、ルイ・ファン・ハール監督も結果に落胆した。それでも試合後、Sky SportsとMUTVのインタビューに応じ、試合内容を振り返った。

パフォーマンスと結果について
「私が思うに、我々は前半、思い切ってプレイしなかった。悪い形で失点し、FKからも点を決められた。それで前半終了だ。ハーフタイムには、お互いに話をした。後半は前半と比べて非常に良かったと思う。1度か2度、決定機を作ったが、点を決めないといけない。そうすることで信じる力が戻る。後半の方が良いプレイができたと思うが、問題は、思い切ってプレイしなかったことだ。私は、そのように分析している」。

チームセレクションについて
「私は常に(選手たちに)誠実だ。彼らは練習から努力し、良いパフォーマンスをしたがっていた。だが、現状は難しい。強風という条件だけではなく、(選手たちへの)プレッシャーという側面もあった。だから彼らは思いきってプレイできなかったのだと思う。リードされて迎えた後半は、楽にすべてをぶつけることができるはずだ。チームは、それを実行したと思う」。

ページ 1 / 3 次へ »