登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/12/2015  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

バスティ「強い気持ちが必要」

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは、今のマンチェスター・ユナイテッドに必要なものとして“攻撃時の仕留める感覚”をあげた。

ユナイテッドはオールド・トラッフォードで行なわれたウェストハムとのバークレイズ・プレミアリーグ前節で、合計21本ものシュートを放ったにもかかわらず、結果はスコアレスドローに終わった。直近9試合で5度目の無得点に終わったばかりか、首位レスターと勝ち点3差の4位に順位を落とした。

シュヴァインシュタイガーは、チームが勝利に値するプレーをしていたと話しつつ、チャンスに決めきれなかったことを認めてもいる。試合後メディアから決定力不足について聞かれたバスティは、攻撃時の自信、そして自分の力を信じる力が欠けているかもしれないと語った。

「色々な要素がある。まずは、ラストパスからチャンスを作らないといけない。チャンスを得た選手は、ゴールを決めたい、決めるんだという気持ちを持つ必要がある。色々なことが合わさって生まれるものなんだ。チャンスに外せば悔しがらないといけない。ロナウド、メッシ、トーマス・ミュラーら名立たるストライカーは、皆同じ。すべては姿勢にある。彼らはゴールを決めたいんだ。それだけの能力があるのは

ページ 1 / 3 次へ »