登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/04/2015  Report by Adam Marshall

ヤング「3年前の歓喜を再び」

アシュリー・ヤングは、ロビン・ファン・ペルシーのFKにより逆転して勝利を収めた2012年のマンチェスターダービーの再現を果たしたいと、強く願っている。

サー・アレックス・ファーガソンにとって最後のシーズンとなった年のダービーは、ファン・ペルシーが終了間際に蹴ったFKがディフレクトしてゴールネットを揺らし、ユナイテッドが3-2で勝利。この勝利で勢いに乗り、クラブは20回目のリーグ優勝を達成した。Inside Unitedの取材に応じたヤングは、ファン・ペルシーの逆転弾が決まる直前、自身のゴールがオフサイドの判定で認められなかった瞬間を振り返り、こう語った。

「ロビンのFKでシティーに3-2で勝った試合は覚えているよ。クレージーな試合だった。2点先行して、シティーに追いつかれて2-2になった。ロビンのFKが決まった時のことを思い返すと、選手がそれぞれ別の方向に走り回って喜んでいたのを覚えている。僕自身も、どこに向かって良いのか、どう喜びを表現すれば良いかわからなかった。どれだけ嬉しかったかは、僕らがチームの全スタッフと試合後ピッチ上で喜んでいた姿を見ればわかってもらえる。最高の瞬間だったし、また経験したい」

今節はシティーオールド・トラッフォードにやって来る。そしてバークレイズ・プレミアリーグ3位と4位チームによる、激しいトップ4争いでもある。

「ダービーは、それぞれ1度限りの試合。非常に厳しい試合になるし、とんでもない雰囲気に包まれる。チャンピオンズリーグ出場権にも影響するダービーになるから、さらに激しさは増すだろうね」