登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

トッテナム戦、リヴァプール戦を固定メンバーで戦って2連勝を収めたユナイテッド。代表戦明けのアストン・ヴィラ戦の先発メンバーに注目が集まる。
02 April 2015  Report by Mark Froggatt

ヴィラ戦の先発は?

先月のトッテナム戦を3-0の完勝で終えたルイ・ファン・ハール監督は続くリヴァプールを前に次のようなコメントを残していた。「監督として何ができるのか? 最高のパフォーマンスをしたチームのメンバーを入れ替える? それはないだろう」

この発言通り、リヴァプール戦ではトッテナム戦と同じメンバーで臨み、結局フアン・マタの活躍で2-1の勝利を得た。チームのプレー内容は今シーズンベストと言えるもので、この2連勝によってトップ4入りが現実味を帯びてきた。ファン・ハール監督の戦術はピタリと当たったのだ。

しかし、ここからという時に代表戦の招集がかかり、ユナイテッドからは13選手が代表に参加した。今週土曜日にはアストン・ヴィラ戦を迎えるが、ファン・ハール監督はトッテナム戦、リヴァプール戦と同じメンバーでいくか、それとも様々な条件を考慮してメンバーを変えるかどうかを決めなければならない。

たとえば、LAでエクアドル対メキシコ戦に出場したアントニオ・バレンシアは長距離移動をこなしたため、ラファエウが代わりに入る可能性がある。またマルコス・ロホもLAからの移動となったが、同ポジションをこなすクリス・スモーリングがイタリア戦で途中交代で下がったため、スモーリングの代わりに出場する可能性もある。また、オランダ代表として2試合に出場したダレイ・ブリントに代えて、ルーク・ショーが出場する可能性も考えられる。

尚、リヴァプール戦に出場したMFとFW6人の中で、アンデル・エレーラ、フアン・マタ、アシュリー・ヤングは代表に招集されなかったため、フレッシュな状態でアストン・ヴィラ戦に臨めるだろう。一方、ウェイン・ルーニー、マルアーヌ・フェライーニ、マイケル・キャリックはそれぞれ代表戦で活躍を見せた。

しかし、リヴァプール戦でベンチスタートとなった選手たちも好調だ。アンヘル・ディ・マリアはマタのゴールをお膳立てしてリーグアシスト数2位に浮上し、ラダメル・ファルカオもコロンビア代表として3ゴールを決めて好調だ。監督にとっては嬉しい悩みだろう。

【関連記事】
デ・ヘア「必ず4位以内に」