登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

22/09/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「勝利を失った」

ルイ・ファン・ハール監督は、5-3で敗れたレスター戦後、勝ち点3を得られる機会を棒に振るったと語った。

ユナイテッドは試合を通して2度リードを2点にまで広げながら、レスターの驚異的な反撃を食い止められず、まさかの逆転負けを喫した。

監督もショックを隠さず、試合後には次の様にコメント。

「3-1とリードし、2度も2点のリードを奪ったら負けるとは思わないはず。ボールをキープして試合を決めないといけなかった。今日のチームはそれを実行出来なかった。それにPKを与えてしまっては勝てない」

「チャンスは多く作ったと思う。それに素晴らしいゴールもあった。ただ、試合は90分ある。60分ではない。90分通して良いプレーをしないといけない」

試合の流れが一変したのは、マーク・カッテンバーグ主審がペナルティエリア内でジェイミー・ヴァーディを倒したラファエウのファールを取り、レスターにPKを与えてからだった。しかし、ファン・ハール監督はこの判定に抗議しなかった。

「あの時はまだ3-2でリードしていたので問題はなかった。試合を決められたし、ポゼッションをキープすることも出来た。試合開始から10分はポゼッションをキープしていて、美しいゴールも生まれた。それからは試合を決めないといけなかったのに、そうはならなかった。そういう展開にしてしまった以上、PKではなかったとは言えない」

ページ 1 / 2 次へ »