登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

30/09/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「慌てることはない」

定例記者会見に臨んだルイ・ファン・ハール監督は、レスター戦の敗戦を「慌てることはない」とした。

ファン・ハール監督は7月の就任以降、一貫して自分の哲学がチームに浸透するのには「時間がかかる。我慢が必要」と説き続けており、最低でも3カ月は必要だとしていた。

QPR戦で4-0の勝利を収め、調子が出てきたかと思われたが、先週のレスター戦では逆転負けを喫した。しかし、監督は落ち着いた態度で会見に臨んだ。

「私は普段と変わらない。選手たちはロボットではない。彼らは人間で、人間はミスをする。私は常々評価と議論を重んじている。それが私のやり方だ。今週もそれを行った」

「レスター戦のような結果は起こりえる。それをどう乗り越えるかだ。ただし、毎回起きている訳ではない。ここまでを振り返れば、レスター戦以外の守備は悪くない。失点率は1点を切っているはずで、逆に得点は多い。上位5位か6位に入っているはずだ。メディアと私は考え方が異なる」

ページ 1 / 2 次へ »