登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ユナイテッド 4
ディ・マリア(24分)、エレーラ(36分)、ルーニー(44分)、マタ(58分)

QPR 0

9月14日(日)
オールド・トラッフォード
観客:7万5,335人

17/09/2014  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド 4-0 QPR

マンチェスター・ユナイテッドが、ようやく2014-15シーズン初勝利を記録。14日(日)にオールド・トラッフォードで行われたQPR戦では、アンヘル・ディ・マリア、アンデル・エレーラ、ウェイン・ルーニー、フアン・マタがゴールを決め、4-0で勝利した。

ユナイテッド移籍後ホームで初めてプレーしたディ・マリアのFKでユナイテッドが先制。ディ・マリアが絡みエレーラの2点目が生まれると、前半終了間際にルーニーが3点目を記録。ディ・マリアは更に後半にもマタのゴールをアシストし、初勝利に大きく貢献した。

この日はユナイテッドデビューを飾った選手達に注目が集まった。マルコス・ロホ、ダレイ・ブリント、ラダメル・ファルカオが伝統の赤いユニホームを着てオールド・トラッフォードのピッチでプレー。負傷により欠場していたラファエウとエレーラも復帰した他、昨シーズンまでユナイテッドに11年在籍したリオ・ファーディナンドの凱旋も合わさった。試合前にはサー・ボビー・チャールトンがリオの功績を称え、クラブからの贈り物を手渡すセレモニーも執り行われた。

開幕戦からスリーバックを採用したルイ・ファン・ハール監督の戦術にも変化が見られ、今節は4-4-2を採用。ラファエウ、ジョニー・エヴァンス、タイラー・ブラケット、そしてロホで最終ラインを組み、中盤の底にはブリントとエレーラ、その前にはディ・マリアとマタが入り、最前線にルーニーとロビン・ファン・ペルシーという並びのラインアップが組まれた。

序盤からポゼッションで圧倒したユナイテッドは、まずルーニーのサイドチェンジから決定機を作る。ラファエウのパスにエレーラがフリーでシュートを打つが、枠をとらえられず。しかし、序盤から良い形でシュートまで持ち込んだ。

その後もパスを回して主導権を掴んだユナイテッドは、24分にディ・マリアが直接FKを決めて先制。英国史上最高額の移籍金を投じて獲得した新戦力は、巻き込むような回転をかけたFKを蹴り、ゴール隅に吸い込まれるように決まった。

ページ 1 / 2 次へ »