登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

18/09/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

豊富なユナイテッドの攻撃陣

ユナイテッドは先週のQPR戦を4-0で勝利し、今後も大量ゴールが期待されている。

攻撃力が開花した素晴らしいこの試合は、ルイ・ファン・ハール監督の抱えるチームの攻撃オプションの多さを改めて示すことになった。途中出場を果たしたラダメル・ファルカオに対してもファンから大きな声援が送られ、ファンの彼に対する期待の大きさを伺わせた。

ファルカオは毎試合のゴール率0.62を誇るストライカーで、この試合でも惜しいシュートを放った。本人は練習中から好調だったようで、ファン・ハール監督は「最初の練習でゴールを決めた」と称賛していた。

ロビン・ファン・ペルシーも79試合出場48ゴールの記録を持っており、決定力は高い。そいてウェイン・ルーニーはユナイテッドと代表で最多ゴール記録を狙える位置につけている。現在ユナイテッドの最多ゴール数単独3位のルーニーはQPR戦でのゴールでユナイテッドでの通算ゴール数を218に伸ばした。

しかし、ユナイテッドの攻撃陣はFWだけではない。アンヘル・ディ・マリアもQPR戦で見事なゴールを決めた。レアル・マドリーでの4年間で49アシストを決めている。2013-14シーズンには17アシストを記録し、ヨーロッパトップリーグを通じて最多を記録した。QPR戦ではゴールの他、全ゴールに絡む活躍を見せた。

同じくQPR戦でゴールを決めたアンデル・エレーラは、ディ・マリアについて「ディ・マリアは世界最高の選手のひとり。ユナイテッドにはいつも素晴らしい選手が所属しているけれど、彼はその中でも最高の部類に入るね」とコメントし

ページ 1 / 2 次へ »