登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

04/09/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 2 次へ » 

ディ・マリアが1G3Aの大活躍

現地3日(水)に行われた国際親善試合にユナイテッドから4選手が出場。中でも大活躍を見せたのは、先月チームに加わったアンヘル・ディ・マリアで、ドイツ戦で1ゴール、3アシストの大活躍を見せた。

英国史上最高額となる移籍金5,970万ポンド(約103億円)でユナイテッドに加入したディ・マリア、そして同じく新加入マルコス・ロホは、アルゼンチン代表としてワールドカップ・ブラジル大会決勝のリベンジに臨んだ。

アルゼンチンはディ・マリアのお膳立てからセルヒオ・アグエロ、エリック・ラメラ、フェデリコ・フェルナンデスがゴールを決めて3-0とすると、ディ・マリア自身も、相手GKロマン・ヴァイデンフェラーとの1対1から冷静にダメ押しとなる4点目を蹴り込んだ。

アルゼンチンは52分にアンドレ・シュールレ、そして78分にマリオ・ゲッツェに得点を許し、DFロホはクリーンシートでの勝利に貢献出来なかったが、ディ・マリアによるダメージは大きく、ドイツに逆転するだけの気力は残されていなかった。

その他ウェンブリーではイングランド対ノルウェーが行われ、代表でも新主将に就任したウェイン・ルーニーがチームを引っ張った。4万181人と少ない観客数となったが、ルーニーのPKによりイングランドが1-0で勝利。フィル・ジョーンズもCBとしてフル出場。ルーニーはPKを決めた後で元チームメートのダニー・ウェルベックと交代した。

ページ 1 / 2 次へ »