登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

27/10/2014  Report by Ryan Gran
ページ 1 / 2 次へ » 

監督はチームスピリットに満足

ルイ・ファン・ハール監督は、オールド・トラッフォードでのチェルシー戦終了間際にロビン・ファン・ペルシーの同点ゴールで窮地を脱した点に満足しつつ、「大きな勝機を逃した」と、苦言を呈することを忘れなかった。

ディディエ・ドログバに先制ゴールを許したユナイテッドだったが、ファン・ペルシーの同点ゴールにより、勝ち点1を獲得。監督は、後半に先制されながらも、ユナイテッドが勝ち点3獲得に向け、やれること全てをやったと信じていると、試合後MUTVに話した。

「試合後、選手達には『勝てた試合だった』と伝えた。だが、そんなことはスポーツの世界では何の意味も持たない。われわれは数多くチャンスを作ったが、それを決めないといけない。チェルシーは後半の決定機にゴールを決めた。チームは、10分程度ゲームから離れてしまったが、そこから良い反応をしたと思う」

「ウェスト・ブロムウィッチ戦に続き、ネガティブな状態からポジティブな結果を得られた。チームスピリットには満足している。それが唯一得られたことだろう。なぜなら、勝てると思ったのでね。チェルシーはリーグ首位のチームだが、まだ試合数は残っている。われわれにもチャンスはあるだろう。ただ、彼

ページ 1 / 2 次へ »