登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

03/10/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

今節はDFオプション増

開幕から初めて、というわけではないが、ルイ・ファン・ハール監督にとって頭の痛い悩みは尽きない。

相次ぐ負傷者に加え、出場停止者もいる。だが実は、開幕からのバークレイズ・プレミアリーグ6試合で起用したDFの数は、合計12選手にのぼる。

今節エヴァートン戦からは、5-3で敗れたレスター戦でレッドカードを受けたタイラー・ブラケットが出場可能で、開幕から先発起用されているマンチェスター出身は、ポジション確保に向け気合が入っている。

「出来ることなら毎試合に出場したいし、監督にアピールするつもりさ。はじめはファーストチームで経験を積めるだけで嬉しかったけれど、もう何試合かに出場したし、もっと欲がでてくるものだから」

「DFは正々堂々とポジション争いをしているよ。練習中はふざけ合ったり、お互いの成長ために追い込み合っている。チームに加わったマルコス(ロホ)、ダレイ(ブリント)とも良い関係を築けている。僕らは成功したいんだ」

エヴァートン戦ではCBにブラケットとロホが起用される公算が高い。ロホはウェストハム戦で移籍後初めてCBとしてプレーした他、SBには同じく前節デビューを飾ったルーク・ショーもいる。フィル・ジョーンズが復帰する可能性もゼロではなく、前節で好印象を残したパディ・マクネアーという選択肢もあるだろう。いずれにせよ、監督は複数の選手の中から最終ラインを構成しなくてはならない。

ページ 1 / 2 次へ »