登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

15/10/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 3 次へ » 

サー・アレックスはLvGを支持

サー・アレックス・ファーガソンは、ルイ・ファン・ハール監督が夏に行った補強、そしてユースから選手を抜擢するユナイテッドの伝統を継続させている点を高く評価している。

ユナイテッドは、今夏アンヘル・ディ・マリアを英国史上最高額の移籍金5,970万ポンドで獲得。在任中は高額な移籍金で選手を獲得した経験を豊富に持つ元指揮官は、ファン・ハール監督が移籍市場で見せた動きに好印象を持ったようだ。

サー・アレックスはMUTVのインタビューを受け、ディ・マリアの契約、そして夏に加わった選手達を、こう評した。

「マンチェスター・ユナイテッドに必要な能力の持ち主とみなせば、クラブには契約を成立させられるだけの資金力がある。私はあれだけの金額を投じたことはないが、それでも今年のチームには大きなテコ入れが必要だった」

「今年は良い選手を獲得出来た。マンチェスター・ユナイテッドにはベストな選手が必要だ。今は再建段階なのでね」

「(ルーク)ショーの獲得は、彼が16歳の頃から検討していた。当時は彼ら(サウサンプトン)がショーを売る気がなかったが、その気になれば、誰よりも先にわれわれに連絡をくれると言っていた。当然ながら、エド・ウッドワード(CEO)が契約を成立させ、彼をチームに連れて来られた。たしか、移籍金は3,000万ポンドだったと思う。彼は才能に溢れた選手で、常に前へ前へと前進する良いフットボーラーだ」

ページ 1 / 3 次へ »