登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/10/2014  Report by Gemma Thompson
ページ 1 / 3 次へ » 

バットはエレーラとブリントを高評価

ユナイテッドU-21コーチのニッキー・バットは、新加入アンデル・エレーラとダレイ・ブリントのプレーに感心させられているという。

シーズン開幕後にユナイテッドデビューを飾った両名は、チームにも順応。エレーラは肋骨骨折の怪我から復帰を目指しているが、バットの評価は高い。また、ブリントに関しても、DFラインの前で守りを固める役割に適していると見ている。

「彼ら2人は上手くチームに順応した。アンデルは怪我もあって不運だったが、ゴールも決めているし、前向きで、ボールを持っても落ち着いてプレーしている」

「ダレイが入ったことで守備が補強された。私が思うに、彼が今のチームで唯一と言っても良いくらい、ナチュラルなMFタイプ。フレッチ(ダレン・フレッチャー)はピッチを駆け回り、前に出ていくタイプだし、キャラズ(マイケル・キャリック)はどちらかと言えばパサーで、試合のテンポを調節するタイプ。ダレイは、より守備に重点を置いた選手だが、パスも出せる。彼も自信を持ってプレーしていて、快適にやれているように見える」

ページ 1 / 3 次へ »