登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

17/10/2014  Report by A Marshall & M Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

選手達の力に信頼を寄せる監督

ルイ・ファン・ハール監督は、ユナイテッドの選手達への信頼と自信を言葉に表し、チームがバークレイズ・プレミアリーグの上位争いに相応しい実力を持っていると主張した。

リーグ4位に浮上したユナイテッドは、20日にアウェーでウェスト・ブロムウィッチと対戦する。監督は、就任後から言い続けてきた自身の哲学が、チーム全体に浸透し始めたと実感し、その成果が出ていると語った。また、前節エヴァートン戦で勝利したことでポジティブな方向に進めているとし、まだまだ成長の余地があるとも見ている。

「まだ時間はかかるだろうが、選手達は哲学を理解し始めた。だが、それをプレーで証明しないといけない。それが高いレベルの相手にも通用するかどうか、見てみないといけない。チームには、今よりもバランスが必要だ。チームには更なるバランスを求めている。ショーのような攻撃的なフットボールだけではなくてね」

「ボールを奪われたら、チーム一丸となって奪い返しにいかないといけない。そうすれば、より楽に守れる。今までより試合も決められるようになる。それも哲学の一部だが、私が創造的、攻撃的な選手を選んでいるという部分にも関係している。バランスが取れた状態を求めている。時が来れば、私に与えられた時間が十分だったかわかるだろう」

「通常であれば、私はチームを正しい方向に導いている。それは既に証明してきたことだ。これまで私がどういう答えを出してきた? 間違った方向に進めてしまったか? 私は選手達の能力に自信を持っている。それは大事なことだ。だが、彼ら選手達が監督、それにスタッフを信頼する方が重要とも言える。もっとバランスが取れたチームだったなら、今よりも良い結果を残せていたかもしれない。言いたく

ページ 1 / 2 次へ »