登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

08/11/2014  Report by Ben Hibbs
ページ 1 / 3 次へ » 

監督「試合を決めようとした」

ルイ・ファン・ハール監督は、1-0で勝利したクリスタル・パレス戦後、「非常に重要な勝ち点3だった」と語り、代表ウィーク前最後の試合での勝利を喜んだ。

3試合勝利のなかったユナイテッドは、67分にフアン・マタのゴールで均衡を破り、1点を守って勝ち点3を獲得。試合後ファン・ハール監督は、先制点奪取後に「試合を決めようとした」と、MUTVに明らかにしている。

監督は、「前半相手に許したチャンスは1度のみ」と、急造CBデュオとして起用したパディ・マクネアーとダレイ・ブリントがコミュニケーションミスから犯したピンチを指摘。元ユナイテッドFWのフレイザー・キャンベルに決定的なチャンスを与えたが無失点で切り抜けた。監督は、「それでも後半にゴールを決め、勝てたことが何よりも重要だ」と、コメント。

「ゴールを決めた後、チームは試合を決めようとした。試合を決めにかかったのは初めてのことだ。結果に満足している。試合を決めようとした結果、チャンスを多く作れた。(ウェイン)ルーニー、マタ、(ロビン)ファン・ペルシーが追加点をあげていたかもしれない場面もあった。良いプレーができたし、勝

ページ 1 / 3 次へ »