登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

24/11/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

初のアウェー勝利を喜ぶ監督

ルイ・ファン・ハール監督は、エミレーツ・スタジアムでのアーセナル戦に2-1で勝利後、「最高の結果」と語り、勝利を喜んだ。

試合の大半をコントロールしていたのはガナーズ(アーセナルの愛称)だったが、キーラン・ギブスのオウンゴールで均衡を破ったユナイテッドは、ウェイン・ルーニーがGKの頭上を越えるチップシュートを巧みに決めた。後半追加タイムにはオリヴィエ・ジルーに1点を返されるも、大きな勝ち点3を獲得したと言える。

DFに負傷者が続出したため、監督は3-4-1-2のフォーメーションを採用。これが結果的に功を奏し、今シーズン初のアウェー勝利を手にしたほか、ユナイテッドはバークレイズ・プレミアリーグ4位に浮上。

監督は試合後、「最高の結果だ。負傷者が多いにも関わらず勝てた。アウェーマッチは難しいもの。アーセナルは非常に優れたチームで、攻撃的なチームだ。そのことは試合前からわかっていたことだ。だからこそ、今日の戦術を取った。最終的に笑えたわけだが、もしアーセナルが前半4回はあったチャンスにゴールを決めていたら、違う展開になっていただろう」とコメント。

今節の勝利が1つのきっかけになると思うかを問われると、監督は慎重に言葉を選んだ。

「そうなるかは今後次第だ。もちろん、今シーズン初のアウェー勝利だったので、選手達はドレッシングルームで大いに喜んでいた。だが、まだ1勝だ。今後ホームでの2試合で結果を残さないといけない。もし2試合ともに勝てれば、チー

ページ 1 / 2 次へ »