登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

26/11/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 2 次へ » 

監督「ショーの先発は正しかった」

ルイ・ファン・ハール監督は、アーセナル戦の先発に起用したルーク・ショーが負傷交代した点について「残念」としたが、好調を維持していたSBの起用については「正しい判断だった」と、自信を持って答えた。

ショーは、イングランド代表として出場したスコットランド戦で打撲を負い、アーセナル戦出場も微妙と言われていた。監督はAonトレーニングコンプレックスでの練習での動きから先発起用を決断したが、ショーは開始15分にアレックス・オックスレイド・チェンバレンとの接触で負傷し、その後アシュリー・ヤングと交代する事態となった。

「私は正しい判断をしたと確信している。これが監督というもの。結果が選手を起用した理由、もしくは起用しなかった理由になってしまう。今は選手数が少ないので、ほかに方法がなかった」

「ショーは代表から決して万全な状態で戻ってこられなかったので、上手く調整させたのだが、再びをしてしまった。仕方なくヤングを起用せざるを得なかったが、前にも言ったように、ヤングは90分プレー出来る状態ではない。それでラインナップを変える必要性があった」

「選手達は良くやった。タイラー・ブラケット、パディ・マクネアー、ルーク・ショーは何歳だと思う? アーセナルのようなチームを相手に、常にポジションを変えないといけないような試合では、コミュニケーションが重要だ。選手達は良くやっていた。ただ、試合全体のパフォーマンスには満足していない」

ページ 1 / 2 次へ »