登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「クラブ外でのミーティングに出席したり、色々なことをこなさないといけないし、若手にも良い影響を与えるよう努力しないといけない」

― ウェイン・ルーニー

10/11/2014  Report by Adam Marshall
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニー、キャプテンの役割を語る

今シーズンからキャプテンに任命されたウェイン・ルーニーは、ピッチ内外で新たな立場での経験と責任を楽しめていると話している。

ルーニーは若手選手の成長においてもキャプテンとしての役割を担っていると明かし、先月3試合の出場停止処分を受けた間も忙しく過ごしていたという。

前節シティーとのマンチェスター・ダービーで復帰したキャプテンは、今後もピッチ上で欠かせない存在となるが、クラブ内でも大きな影響力を発揮している。

キャプテンとしてこなす仕事で驚いたことはあったか聞かれたルーニーは、「いや、特にはないね。前にも話した通り、クラブ外でのミーティングに出席したり、色々なことをこなさないといけないし、若手にも良い影響を与えるよう努力しないといけない」と答えると、次の様に続けた。

「そういう部分で発言権があるのは良いことだし、色々なことに対する影響力を持てるのも素晴らしいこと。幸せなことだと思う。自分の役目を楽しめているけれど、大事なのはチームの成功。それが最高の名誉になるわけだからね」

ファーストチームに昇格した若手の台頭を手助けするのは、ルーニーがかつて自分よりも経験豊富なチームメートにしてもらっていたことでもある。

「自分だけではなくて、ほかにも僕と同じようにクラブで長くプレーしているダレン・フレッチャーやマイケル・キャリックのような選手の役目だから。今の若い選手が経験している道を僕らも辿ってきた。だから、僕らの経験が彼らの助けになると思う」

ページ 1 / 2 次へ »