登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「チームに加入したばかりの時期に怪我で数週間、あるいは数ヵ月離脱するのは難しい。復帰までに時間がかかるしね。これからは健康な状態を維持したい。良い状態を保てれば、危険な存在になれると感じているから」

― マルアーヌ・フェライーニ

11/11/2014  Report by Ben Ashby

フェライーニの目標は体調維持

マルアーヌ・フェライーニは、ユナイテッドでの2シーズン目で結果を残すためにも、負傷を回避し、コンディションを維持することが重要と考えている。

ベルギー代表は昨年の夏にチームに加入したが、2度に渡る負傷により長期欠場を強いられ、復帰後も本来のパフォーマンスを披露出来ずに1年目を終えた。クラブマガジンのInside Unitedのインタビューに応じたフェライーニは、ようやく本人が求めるコンディションに戻ったと語った。

「チームに加入したばかりの時期に怪我で数週間、あるいは数ヵ月離脱するのは難しい。復帰までに時間がかかるしね。これからは健康な状態を維持したい。良い状態を保てれば、危険な存在になれると感じているから」

26歳は、最近の試合で相手チームにとって危険な存在になっている。ウェスト・ブロムウィッチ戦では移籍後初ゴールを叩き込み、チェルシー戦では、終了間際にゴール前で強烈なヘディングシュートを見せ、それがロビン・ファン・ペルシーの同点ゴールに繋がった。また、前節クリスタル・パレス戦でもゴール前で脅威となるシーンも見られるなど、最近のパフォーマンスからも、今後フェライーニがゴールを量産する可能性が感じられる。

「初ゴールは最高の瞬間だった。長い間、待ったよ! ゴールを決めた後、すぐにファンのところに駆け寄った。彼らと祝いたかったから。チームメートもすぐにきてくれて、僕の為に喜んでくれた。自分の自信にもなったけれど、僕らは試合を振り出しに戻せたことに満足した。チームにとっても大事なゴールだったからね」

【関連記事】
さらに上を目指すデ・ヘア