登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

03/11/2014  Report by Mark Froggatt
ページ 1 / 3 次へ » 

キャリック「心は折れていない」

マイケル・キャリックは、シティーとのマンチェスター・ダービーに1-0で敗れた結果を残念に思うとしながらも、ユナイテッド全体の気持ちが折れたわけではないと語った。

クリス・スモーリングが前半終了前に2枚目のイエローカードを受けて退場したことから、試合の大半を1人少ない10人でやりくりする破目になった。負傷でプレシーズンから欠場を続けていたキャリックは、急造CBとして今シーズン初めて出場する機会を与えられた。

後半にはもう1人のCBマルコス・ロホが肩を負傷し交代を余儀なくされたため、監督は若手のパディ・マクネアーを投入せざるをえなくなり、結果的にセルヒオ・アグエロに決勝点となるゴールを決められた。しかし、失点後からユナイテッドは相手を上回る闘志を見せ、幾度となく相手陣内に襲いかかった。

バークレイズ・プレミアリーグ第10節までを終え、ユナイテッドは不本意ながらも勝ち点13にとどまっている。当然、キャリックは現状よりも多い勝ち点が取れていたらと言うが、チームが正しい方向に進んでいると実感していると、試合後Sky Sportsに話している。

ページ 1 / 3 次へ »