登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「これまで長い間たくさんの声援、サポートをありがとう。自分は、きっと将来なんらかの形でチームをサポートするはず。チームには、僕が過ごした8年で獲得したタイトルと同じだけのタイトルを、今後8年で勝ち取ってもらいたい」

― ネマニャ・ヴィディッチ

06 May 2014  Report by Mark Froggatt

ヴィダ「ファンに感謝している」

ネマニャ・ヴィディッチは、ユナイテッドの選手としてオールド・トラッフォードでのラストゲーム後、どういう感情が沸くかわからないとしつつ、ファンに対する感謝の気持ちを述べた。

ハル・シティーとのホームゲームは、今シーズン最後のホーム戦。今シーズン終了後にセリエAのインテルへの移籍が内定しているヴィディッチにとってもラストゲームとなる。セルビア出身DFは、寂しさを実感していると認めつつ、主将としてチームを率い、ファンに勝利をプレゼントしたいと語った。

「どういう感情になるかはわからないからね。これまでは感傷的にならなかったし、まだ泣いてもいないから! ホームでの最終戦後にどうなるかだね。ただ、悲しい気持ちにはなるよ」

「今シーズンはチームの成績が良くなかったので、これまでのように最終戦後に何かを祝福するようなムードにはならない。ただ、シーズンを通して自分達をサポートしてくれたファンの皆に感謝の気持ちを示す良い機会になる。それが今の自分達に出来る精一杯のことだから」

「来シーズンに繋がるようなパフォーマンスを見せないといけない。必ずチームがまたリーグ優勝出来ると思わせないといけない。選手達も、必ず良いパフォーマンスをして、来シーズンに繋げたいと思っているよ」

ヴィディッチは、ユナイテッドファンに向け、次のメッセージを残した。

「これまで長い間たくさんの声援、サポートをありがとう。自分は、きっと将来なんらかの形でチームをサポートするはず。チームには、僕が過ごした8年で獲得したタイトルと同じだけのタイトルを、今後8年で勝ち取ってもらいたい」

【関連記事】
エヴラ、今シーズンに落胆