登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ユナイテッド 0

サンダーランド 1
ラーション(30分)

2014年5月3日(土)
オールド・トラッフォード
観衆:7万5347人

05/05/2014  Report by Mark Froggatt

ユナイテッド 0-1 サンダーランド

ライアン・ギグス暫定監督体制となっての2戦目、ユナイテッドは前半にセバスティアン・ラーションのゴールで失点し、1点を返せず0-1で敗戦。ギグス監督にとって初めての黒星となった。

ユナイテッドは試合開始からポゼッション率で圧倒するも、ファイナルサードで打開策を見出せず、苦しい流れとなってしまう。18分にはアシュリー・ヤングが左から右サイドに大きく展開後ナーニのシュートで終わるも、惜しくもバーの上。ユナイテッドのリズムで試合は進んだが、サンダーランドの最終ラインを崩しきれない。

試合が動いたのは30分。右サイドでボールを保持したコナー・ウィッカムのクロスをペナルティエリア内で受けたラーションのダイレクトシュートが決まり、サンダーランドが先制する。攻撃のテンポを上げざるをえなくなったユナイテッドは、前半終盤にボックス内で攻勢をかけ、元ユナイテッドDFジョン・オシェイ、ウェズ・ブラウンを慌てさせたが、シュートはGKヴィート・マンノーネのセーブに阻まれてしまう。

ギグス監督は攻撃的な選手を後半から投入して打開を図った。アドナン・ヤヌザイがピッチに入ると単調だったリズムにも一時的に変化が見られ、その後も負傷から復帰したばかりのロビン・ファン・ペルシー、ダニー・ウェルベックと続けて攻撃的なカードを切るユナイテッド。

点を取る姿勢を前面に押し出したものの、エマヌエレ・ジャッケリーニ、ファビオ・ボリーニに枠を直撃するシュートを打たれるなど押され続け、今季ホームでのリーグ戦7敗目を喫した。

ユナイテッド:デ・ヘア;ジョーンズ、ファーディナンド、ヴィディッチ、エヴラ;ナーニ(52分にヤヌザイと交代)、キャリック、フレッチャー、ヤング(66分にウェルベックと交代);マタ(66分にファン・ペルシーと交代)、エルナンデス