登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

02/05/2014  Report by Tim Oscroft
ページ 1 / 2 次へ » 

ギグス「目の前の試合に集中」

ライアン・ギグスは、現在の暫定監督というポジションに変更はないと強調し、残り3試合で自身が出場する可能性もあると認めた。

クラブ史上もっとも華々しいキャリアを誇る現役選手でもあるギグスにとって、サンダーランド戦は暫定監督として指揮を執る2試合目。オールド・トラッフォードでの試合に先駆け、Aonトレーニングコンプレックスでの会見に臨み、自身が出場する可能性についても言及した。

「現状に変化はない。自分はシーズン終了まで暫定的に監督を務めるだけ。それからのことはシーズンが終わってから話し合う。今は明日のサンダーランド戦だけに集中しているし、残り2試合についてだけ考えている」

ギグスは4月1日にホームで行なわれたバイエルン戦(1-1)で45分プレーして以降ピッチに立っていない。仮に監督としてプレミアリーグの試合に出場した場合、2000年にブラッドフォード・シティーを率いたスチュアート・マッコール以来初のプレーイングマネージャーが出場を果たすことになる。ギグスは冗談を交えて次の様に言う。

「今もトレーニングはしているし、身体のケアもしている。残り試合で自分が出場することも考えている。自分自身はフィットな状態を維持しつつ、残り試合に勝ちたい。もうチームに戻らないかもしれないしね!」

監督としての初陣となったノリッチ戦では、ギグスは練習着ではなくスーツを着用。サンダーランド戦ではどうするか聞かれると、こう答えた。

ページ 1 / 2 次へ »