登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

06/05/2014  Report by Sean Mullan
ページ 1 / 2 次へ » 

ヴィディッチ退団を悲しむエヴラ

パトリス・エヴラは、ネマニャ・ヴィディッチの退団について、「悲しい」と心境を明かした。

ヴィディッチはユナイテッドとの契約を満了する今夏、セリエAのインテルに移籍することで合意済み。CBはエヴラと同じ2006年1月にユナイテッド移籍を果たし、8年半オールド・トラッフォードのピッチで戦ってきた。

「ヴィダの退団は悲しい。彼は素晴らしいCBだし、ヴィダのような選手がいなくなるのは本当に寂しい」と、エヴラ。

両選手とも、移籍直後はイングランドのプレーへの対応に苦しんだ。しかし、徐々に順応し始めると、ヨーロッパを代表するDFへと成長。数多くのタイトル獲得に貢献した。

「ヴィダについて話をするのは、自分のことを語る感じに近い。僕らは同じ時期にクラブに移籍して、お互いデビュー戦で辛い経験をした。リザーブチームの試合に揃って出場した時のことだけれど、本当に酷いプレーをしてしまったんだ!」

「当時はレネ・メウレンステーンがリザーブチームの監督をしていて、僕ら2人とも交代させられたんだ! ドレッシングルームで彼と『なんで俺達マンチェスター・ユナイテッドに移籍したんだろう? こういうことになるなら前のクラブに戻るべきかもしれない』と話したのを覚えている」

「それだけ難しい時期だったけれど、彼と一緒になんとか耐えられた。同じホテルで過ごしたし、練習にも一緒に行った。一緒にタイトルも獲得した。彼がいなくなるのは本当に寂しい」

ページ 1 / 2 次へ »