登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

10/05/2014  Report by Adam Marshall

チチャがギグスへの尊敬心を語る

ハビエル・エルナンデスは、ライアン・ギグス暫定監督の下でプレー出来ることを光栄と語った。

チームメートから暫定監督となったギグスは、オールド・トラッフォードでの年間最優秀選手賞受賞式でも、偉大な選手達から称賛され、ユナイテッドから生涯功労賞を授与された。

エルナンデスはMUTVのインタビューに応じ、ギグスへの尊敬心を言葉にした。

「本当に信じられないくらい素晴らしい選手。彼を何と形容したらいいのかわからない。(受賞を祝うメッセージビデオで)多くの偉大な選手達も言っていたように、彼がキャリアで残してきたことというのは本当に凄い。1つのクラブに26年在籍して、しかもハイレベルな状態を維持している。若い選手の成長も助けていて、彼と一緒に仕事ができるのは自分にとっても特別なこと」

「サー・アレックス(ファーガソン)が監督だった当時、僕は『サー・アレックスのためにプレーしている』と言った。同じことギグシー(ギグスの愛称)にも言えるよ。彼が来シーズンも監督を続けるのか、それとも新監督がやってくるかはわからない。ギグシーが続けるか云々ではなくて、彼の下でプレー出来ることは凄く嬉しい。自分の感情を表現するのに十分なだけの言葉が見つからないよ」

【関連記事】
ギグスが生涯功労賞を受賞