登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

19/03/2014  Report by Nick Coppack

ファン・ペルシーは膝裏の打撲

オリンピアコス戦でハットトリックを達成したロビン・ファン・ペルシーは、試合終了間際に負傷し、担架で運ばれる事態となった。だが、デイヴィッド・モイーズ監督は、試合後の会見で重傷ではないと主張した。

ファン・ペルシーはコスタス・マノラスのタックルを受けて負傷。90分に担架に乗せられピッチを後にした。

倒れた直後に痛みで顔を歪めたファン・ペルシーの状態が気がかりだったものの、監督は軽傷であることをアピール。

「ロビンは重傷ではないだろう。膝裏の打撲だと思う。詳しいことは明日の朝に判明する。深刻な状態ではないと良いのだが」

ファン・ペルシーはユナイテッド移籍後3度目となるハットトリックを達成。ユナイテッドの選手としては、2009年にマイケル・オーウェンがヴォルフスブルク戦で記録して以来初となるヨーロッパでのハットトリック達成となった。

【関連記事】
試合総括:苦難の末の光明