登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

ユナイテッド 0

リヴァプール 1
ジェラード(34分PK、46分PK)、スアレス(84分)

2014年3月16日(日)
オールド・トラッフォード
観衆:7万5225人

18/03/2014  Report by James Tuck
ページ 1 / 2 次へ » 

ユナイテッド 0-3 リヴァプール

リヴァプールとの大一番は前後半共にPK2失点、そしてルイス・スアレスにもゴールを許し、ユナイテッドは0-3で完敗を喫した。

ここで勝ってミッドウィークのオリンピアコス戦、そしてシティーとのダービーマッチに向けて弾みをつけたいユナイテッドだったが、試合序盤から試合を支配したのはリヴァプール。
ダニエル・スタリッジ、スアレス、ラヒーム・スターリングに前線をかき乱されるなど、幸先良くない展開が続く。

ビッグマッチらしく緊迫した雰囲気の中、スティーヴン・ジェラードとマルアーヌ・フェライーニが接触し、ベルギー人MFはまぶた付近から出血。フェラーイーには止血後ピッチに戻った。

なかなかボックス内にボールを運べないユナイテッドに対し、リヴァプールは33分にPKのチャンスを得る。大きくサイドチェンジしたボールを受けたスアレスが止めたボールにラファエウが手で触ってしまった。
キッカーのジェラードはダビド・デ・ヘアの読みとは逆方向に決め、リヴァプールが先制。

ミスを帳消しにしたいラファエウは、アドナン・ヤヌザイからのパスを受け果敢にアタック。中央でフリーだったウェイン・ルーニーの足下にパスを出し、ルーニーもダイレクトでシュートを放つが、シモン・ミニョレのセーブに阻まれた。

後半開始から1分、ジョーンズがジョー・アレンをエリア内で倒したとしてリヴァプールに再びPKが与えられ、ジェラードが落ち着いて決めて2-0。

中盤から前線にパスを繋げないユナイテッドのシュート本数は少なく、枠内へのシュートは前半にルーニーが放った1本のみ。

ページ 1 / 2 次へ »