登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

16/03/2014  Report by Nick Coppack
ページ 1 / 2 次へ » 

ルーニーは敗戦に意気消沈

ウェイン・ルーニーはリヴァプール戦を“悲惨な結末”と形容し、キャリアでもワーストな試合に入ると認めた。

ルーニーの話では、敗戦後のドレッシングルームの雰囲気は「悪い夢を見ているようだった」とのことで、3-0での完敗により、ユナイテッドはバークレイズ・プレミアリーグ7位に後退。首位チェルシーとの勝ち点差は18に広がった。

「自分のフットボール人生の中でも、最悪な1日に入る」と、ルーニーはMUTVのインタビューに応じコメント。「受け入れるのは難しい。リヴァプールは良いプレーをしていたので称えるべきだけれど、この結果は受け入れ難い。誰だって負けたくない。特に今日のような内容で、しかも自分達のスタジアムではね」と続けた。

ユナイテッドはスティーヴン・ジェラードにPKを決められ、1-0でハーフタイムを迎えた。後半開始から30秒以内に2本目のPKを与えて失点。2本目はフィル・ジョーンズがジョー・アレンを倒したと判定された。

3本目はリヴァプールがミスしたが、ネマニャ・ヴィディッチがダニエル・スタリッジに対して行ったタックルがファウルとなり、2枚目のイエローカードを出され退場処分となった。

「PKでリードされるのは嫌なものだけれど、チームには後半のプランがあった。でも、2本目のPKを取られて全てが狂った」

ページ 1 / 2 次へ »