登録
ようこそ 
登録情報を変更する




マンチェスター・ユナイテッド専門ニュースサービス

ニュースカテゴリー
・・より検索
・・へ検索

サッカーニュース

「彼を表現する言葉で何か良い忘れている表現はあったかな? 最近プレーしていなかったのに、実戦であれだけのプレーをするというのはとんでもない。肉体的にも問題なかったしね。それだけ彼が身体のケアを怠っていないことがわかる」

― マイケル・キャリック

20/03/2014  Report by James Tuck

チームメートもギグスに驚嘆

オリンピアコス戦でフル出場したライアン・ギグスに対し、ユナイテッド内でも驚嘆の声が挙がっている。

およそ1ヶ月ぶりの出場がチャンピオンズリーグ通算150試合目となったギグスは、1点目と2点目に絡む活躍を見せた他、オールド・トラッフォードのピッチに立った誰よりもコンディションが良かったと言える。

デイヴィッド・モイーズ監督も、ギグスについて「異常」と形容。チームメート達も皆一様にギグスの並外れたパフォーマンスを称賛した。

マイケル・キャリックは、「彼を表現する言葉で何か良い忘れている表現はあったかな?」、「最近プレーしていなかったのに、実戦であれだけのプレーをするというのはとんでもない。肉体的にも問題なかったしね。それだけ彼が身体のケアを怠っていないことがわかる。2点目に繋がったウェイン(ルーニー)へのボールは彼の代名詞で、まだまだ第一線でプレー出来る。彼とプレー出来るのは喜びでしかない」とコメント。

フィル・ジョーンズも、「彼は凄いとしか言いようがない。チームを前へ前へと押し出してくれるし、PKに繋がったロングパスは絶妙。あれは教えられて出来るものじゃない。彼が素晴らしい選手ということさ」と称賛した。

パトリス・エヴラも続き、「ライアン・ギグスはクラブのレジェンド。彼ほどのクラスを言い表すのに相応しい言葉がいくつあるのか見当もつかない。本当に尊敬している。彼は自分のお手本のような存在。クラブに移籍した当時、周りはクリスチアーノ・ロナウドやウェイン・ルーニーを話題にしていたけれど、ライアンが常に僕にとってお気に入りの選手だった。彼とスコールジー(ポール・スコールズ)、それにガリー・ネヴィルの3人がね」と語った。

【関連記事】
ルーニーとギグス「ファンに感謝」